関東地方

【お花見】靖国神社は桜の名所!標本木が開花をお知らせします♪

実は、靖国神社は全国的にも有名な桜の名所と言われています。

毎年多くの花見客が訪れており、お花見の時期は千代田区のさくらまつりが開催されるなどにぎわいを見せています。

混雑するので、お花見に行く前には是非このページをチェックして行ってくださいね♪

★靖国神社の紹介ページはこちら
日本人なら知っておきたい!靖国神社の基本まとめ

靖国神社の桜。標本木ってなに?

標本木とは、東京都の開花宣言をするにあたって気象庁がその基準と定めている木のことです。
境内のソメイヨシノを標本木としており、5輪以上咲くとその年の開花宣言をするんだそうですよ。

 

靖国神社には、ソメイヨシノや山桜など約600本の桜が植えられています。

標本木があるというのも他の神社にはなかなか無いポイントですよね。

開花の時期が近付くと、「今か今か」と待ち望む姿をよくテレビで見かけますよね(^^)
お花見となるとやはり見頃の時期に行きたいところ。では、いつ頃なのでしょうか?

 

桜の見頃はいつ?

例年3月下旬~4月上旬頃のようです。

また、夜はライトアップされるので夜桜を楽しむこともできますよ!

ライトアップの時間は日没~22時頃
昼と夜で違った桜を見られるのもいいですよね。

 

お花見はできる?屋台は出るの?

60a751cb579555528ef9cc52b825b303_s

さくらまつり」の時期にお花見(酒宴)ができます。

3月下旬~4月上旬(開花状況により時期が前後する場合があります)に、

千代田区が開催する「さくらまつり」ではたくさんの屋台が出店されます。

 

その屋台の向かい側にシートなどを敷いてのお花見はOKです!

 

ただし、創立150年記念事業の一環として外苑工事中のため、

2017年から外苑への屋台の出店や酒宴はしばらく中止されているようです。
2019年頃には再開するかも?ということですが、それまではお預けみたいですね…。

 

ただ、奉納芸能としてプロレスや大相撲なども行われるようなので、開催日をチェックしてみてはいかがでしょうか♪

春季例大祭

桜が散り葉桜となり、「さくらそう展」が開催される頃。

4月21日~4月23日には、靖国神社の大事な行事の一つである春季例大祭があります。

ここでは、清祓・当日祭・第二日祭・直会の諸儀が執り行われます。

「清祓」では、神職の方々や使われる道具などのすべてを払い清めます。

当日祭では御饌神酒や海の幸、山の幸などの神饌50台をお供えし、平和な世の実現を祈ります。
また、天皇陛下からの供え物が献じられ、御祭文が奏上される…という内容になっています。

 

例大祭期間中も、境内で奉納芸能が演じられておりますので、是非お時間がある方は足を運んでみてください。

 

靖国神社へのアクセスは?

靖国神社の概要を以下にまとめておりますので、アクセスも含めてご参考にしてください(^^)

参拝者数 初詣…約30.5万人
御祭神 国難に際して、祖国に殉じられた英霊を尊い神霊として祀っている。
御利益 国家鎮護
開門時間 ● 1・2・11・12月
午前6時~午後5時

●3・4・9・10月
午前6時~午後6時
●5月~8月
午前6時~午後7時
御祈祷受付時間 随時(ただし祭事により受付時間が異なることもある)
URL  http://www.yasukuni.or.jp/index.html
住所 〒102-0073 東京都千代田区九段北3-1-1
駐車場 普通車/1時間400円
観光バス/1時間1200円
正式参拝者は無料お問い合わせは「靖国神社外苑駐車場(03-3261-1672)」
アクセス ●JR中央線・総武線「飯田橋駅(西口)」、「市ヶ谷駅」より徒歩10分。
●地下鉄東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下駅(出口1)より徒歩5分。
●地下鉄有楽町線・南北線・都営新宿線「市ヶ谷駅(A4出口)」より徒歩10分。
●地下鉄東西線・有楽町線・南北線「飯田橋駅(A2出口、A5出口)」より徒歩10分。
●バスは九段下~高田馬場系「九段上停留所」より徒歩1分。
地図

また、こちらのページは靖国神社の御由緒なども紹介しておりますのでぜひご覧になってみてください♪

 

ABOUT ME
さくら
いつもマンションの窓から見ている景色。 神社に行くと、それとはまた違った景色を見ることが出来ます。 日本古来から続く神道の考えを守り続けている、神社の素晴らしさ。 そして、現代社会の中にある神社の存在。 どちらも伝えていけたらと思っています。