日本人なら知っておきたい!靖国神社の基本まとめ

yasukuni

ニュースでもなにかと話題になる靖国神社。

国際的にも注目されるこの神社のこと、あなたはどれくらい知っていますか?

そんな、日本人なら知っておきたい靖国神社の基本をまとめてみました。

スポンサードリンク

御由緒

もともとは、戊辰戦争の新政府側で戦った武士の英霊を祀るために明治2年に建てられた東京招魂社が始まりとされています。

靖国神社の正式な漢字は「靖國神社」。

この名前は明治天皇がつけたもので、「国家が安定し、国民が平和に暮らすことができるように」という願いが込められています。

 

 ▶Check!「あの有名人も祀られている」

実は、靖国神社には坂本龍馬も祀られているのです。

なぜかというと、坂本竜馬は戊辰戦争では新政府側として戦ったから。

靖国問題ばかりがクローズアップされていますが、坂本龍馬を含め様々な戦争が関わっている神社なんですね。

 

神様の数

戦争の英霊を祀っている為、「神様」の数はなんと246万6千余柱

その神霊は、明治維新、戊辰戦争、西南戦争、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの戦争で国の為に生命を捧げた方々がです。

軍の階級もありましたが、それら身分に関係なく、すべてが尊い英霊だとして祀られています。

▶お札やお守りは「一体、二体」。神様の数え方は?

 

代表的な行事

▶1月1日~1月2日 新年祭

なんと、初詣者数は約30万5,000人!(2014年度)

▶ 4月21日~4月23日 春季例大祭

最も重要な行事である、例大祭。春季は4月です。

▶7月13日~7月16日 みたままつり

夏の風物詩、みたままつり。毎年30万人もの参拝者でにぎわいます。

▶10月17日~10月20日 秋季例大祭

最も重要な行事である、例大祭。秋季は10月に行われます。

スポンサードリンク

靖国神社のおすすめスポット

▶桜

実は、靖国神社はお花見スポットとしても有名なんです。

靖国神社の桜を見るのが目的で海外から観光客が来日するほどの景色。

ぜひ一度あなたも見に行ってみてはいかがですか?

 

参拝者数 初詣…約30.5万人
御祭神 国難に際して、祖国に殉じられた英霊を尊い神霊として祀っている。
御利益 国家鎮護
開門時間 ● 1・2・11・12月
午前6時~午後5時
●3・4・9・10月
午前6時~午後6時
●5月~8月
午前6時~午後7時
御祈祷受付時間 随時(ただし祭事により受付時間が異なることもある)
URL  http://www.yasukuni.or.jp/index.html
住所 〒102-0073 東京都千代田区九段北3-1-1
駐車場 普通車/1時間400円
観光バス/1時間1200円
正式参拝者は無料お問い合わせは「靖国神社外苑駐車場(03-3261-1672)」
アクセス ●JR中央線・総武線「飯田橋駅(西口)」、
「市ヶ谷駅」より徒歩10分。●地下鉄東西線・半蔵門線・都営新宿線
九段下駅(出口1)」より徒歩5分。●地下鉄有楽町線・南北線・都営新宿線
市ヶ谷駅(A4出口)」より徒歩10分。●地下鉄東西線・有楽町線・南北線
飯田橋駅(A2出口、A5出口)」より徒歩10分。●バスは九段下~高田馬場系
「九段上停留所」より徒歩1分。
地図

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る