鹽竃桜でお花見はいかが?宮城県の志波彦神社・鹽竈神社

Shiogama_Shrine

宮城県塩竈市にある「志波彦神社・鹽竈神社」。

「しわひこじんじゃ・しおがまじんじゃ」と読みます。

難しい漢字ですね。最初は「しおがま」と読めませんでした(汗)

さて、この名前、

「神社の名前が2つ並んでいるのはどういうこと?」

「別の神社じゃないの?」

と疑問に思いませんか?

その答えを、志波彦神社・鹽竈神社ならではの「鹽竃桜」とあわせてご紹介します!

 

スポンサードリンク

 

ご由緒

志波彦神社・鹽竈神社はいつからあるのでしょう?

神社の公式HPでは以下のように記されています。

当神社創建の年代は詳らかではありませんが、平安時代初期、嵯峨天皇の御代に編纂された「弘仁式」に「鹽竈神を祭る料壱万束」と記され、厚い祭祀料を授かっていたことが知られます。

つまり、平安時代ごろから鎮座していたようですね。
しかしこれは塩竈神社のこと。

もうひとつの志波彦神社は?というと、
もともとは宮城郡岩切村に鎮座していたのですが、
明治7年に塩竈神社と同じ境内に遷座したため、2つの神社が鎮座することになったようです。
そのため、この2つの神社の正式名称を「志波彦神社鹽竈神社」として、現在は1つの法人としています。

冒頭でお話しした「志波彦神社・鹽竈神社」という名前の由縁は、このようなことだったんですね。

 

初詣

初詣者数はなんと約45万人!

これは同県である宮城県の竹駒神社とほぼ同じ人数です。

つまり、東北地方ではほぼ一位。とても人気があるんですね。

初詣の時期は、周辺で12月31日~1月3日ごろまで交通規制が行われます。

例年とても渋滞しており駐車場もすぐ満車になってしまうので、お車で向かう方は事前に交通規制情報をチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

海の上を神輿が進む、船祭

▶塩竈みなと祭

7月第3月曜日にある「塩竈みなと祭」は氏子三祭のひとつであり、全国的にみると三大船祭のうちのひとつに数えられる壮大なお祭りです。
昭和23年ごろから、戦後の復興を願って始められました。

神輿が市内を御神幸した後、御座船に奉安され海上渡御(海の上を神輿が進むこと)し、神社の境内へ戻ります。

前日は前夜祭として塩釜港周辺で花火が打ち上げられ、縁日を楽しむことができますよ♪
花火大会の日も交通混雑が予想されますので、事前にHP等で情報をご覧になってから出発してくださいね。

陸と海とで盛大に行われるみなと祭、貴重な機会ですのでぜひご参加されてはいかがでしょうか?

 

オリジナルスポット・宮城の自然美

▶神社の境内から望む美しい景色

塩竈神社の表参道

神社があるのは高台の上なのですが、表参道にあるのが202段の階段。

しかしその階段を頑張ってのぼったあとに市内の景色を見下ろすことができ、とっても清々しい気持ちになるのでおすすめです!

塩竈湾を望むこともできます。

ただ長い階段なので無理はしないように。

駐車場側からも境内に向かうことができますよ。

 

▶鹽竃桜

鹽竃神社と鹽竃桜

鹽竈神社の桜・春の行事についてはこちらの記事で詳しく紹介しています♪

【地元でも絶賛】花祭もあるよ!志波彦神社・鹽竈神社の桜情報

 

境内には「鹽竃桜」があります。

こちらは「鹽竈神社の鹽竃桜」の名称で国の天然記念物に指定されており、おおぶりでふわふわっとした姿がとてもかわいらしいです。

4月下旬~5月初旬に花を咲かせ、お花見シーズンは境内が見事な桜でいっぱいになります。

また、5月10日は「鹽竈桜の日」と定められており、祈願祭が行われるそうですよ。

当日は、塩漬けした鹽竈桜を使った桜湯がふるまわれますよ。

神社でお花見もいいですね。

境内のお花見場所・桜の情報はこちらを参考にしてください。

境内桜MAP(PDF:1.8MB)

 

 

▶撫で牛

鹽竈神社の撫で牛

塩竈神社オリジナルではありませんが・・・かわいらしい撫で牛

商売が牛の涎のように細く長く続きますように、との願いから、頭をなでるとよくよだれを出すこちらの撫で牛が奉納されたそうですよ。

開運・商売繁盛のご利益がありますので、訪れた際は立ち寄ってはいかがでしょうか?

 

参拝者数 初詣…約45万人
御祭神 別宮…塩土老翁神(しおつちのおじのかみ・主祭神)
左宮…武甕槌神(たけみかづちのかみ)
右宮…経津主神(ふつぬしのかみ)
開門時間 5:00~20:00
御祈祷受付時間 9:00~16:30
URL http://www.shiogamajinja.jp/
住所 〒985-8510 宮城県塩竈市一森山1-1
駐車場 300台(第1・第2・第3・バス)
 アクセス JR東日本仙石線 本塩釜駅から徒歩約10~15分
JR東日本東北本線 塩釜駅から徒歩約15分
三陸自動車道 利府塩釜ICから車で約10分
 地図  

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る