【行ってみた】明治神宮へのアクセス方法・最短参拝時間は?

meiji-honden
明治維新で日本の近代化を成し遂げた明治天皇と、昭憲皇太后を祀っている神宮です。

大都会東京の中心地にありながら、木々に囲まれており、訪れる方々の心のよりどころとなっています。

アクセスが抜群に良いため、国内のみならず海外からも多くの観光客が訪れるようですね。

初詣のにぎわいはお正月の風物詩ともいえましょう。

スポンサードリンク

 

御由緒

明治天皇と昭憲皇太后が崩御され、
その御神霊をお祀りしたいという国民の熱意により、
大正9年11月1日、明治神宮が創建されました。

 

アクセス方法

明治神宮は渋谷区の代々木にあります。
電車・車でのアクセスが可能です。
境内への入り口は3つありますので、都合の良い入り口から入ってください。

・原宿口(南口)

・代々木口(北口)

・参宮橋口(西口)

境内図はこちらをクリック

それぞれの入り口に近い駅は以下の通りとなっています。

▶原宿口(南口)
JR山手線「原宿」駅
東京メトロ千代田線・ 副都心線「明治神宮前<原宿>」駅

▶代々木口(北口)
JR山手線「代々木」駅
都営地下鉄大江戸線「代々木」駅
東京メトロ副都心線「北参道」駅

▶参宮橋口(西口)
小田急線「参宮橋」駅

▶車で向かう場合
原宿口・代々木口から境内に入ることができますよ。
首都高速4号新宿線代々木ICより約5分です。

スポンサードリンク

参拝にかかる時間は最短で何分?

meiji-sando

私は、原宿駅前を通り、「原宿口(南口)」から御社殿まで普通に歩いて約12~15分ほどかかりました。
成人男性であればもう少し速いのではないでしょうか。
女性を連れて行かれるのであれば上記の時間を参考にしてくださいね(^^)
 

 

meiji-honden
そして御社殿前に着きました。なるほど、初詣の時はここが人でいっぱいになるんですね…
左右に見えるのが御神木である夫婦楠。とても立派ですね!
生前仲が良かったとされる明治天皇と昭憲皇太后を祀っている明治神宮なので、参拝と御神木によって良縁を授かれることでしょう。

帰りは社務所を抜け、宝物展示室前を通ってまた原宿口に出るルートをとりました。
こちらは約12分ほど
つまり、原宿口から入って参拝して帰る、というルートでは最短で30分ほどですね。

私はヒールのある靴を履いていってしまったがために、砂利道が歩きにくかったです。
ヒールが高い靴を履かれると時間がかかる他に、男女の違いなどで本殿に辿り着く時間はさらに時間差が出るかと思いますので、参拝時は余裕を持って行ってください。

 

概要一覧

参拝者数 初詣…約316万人
御祭神 明治天皇(めいじてんのう)
昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)
御利益 国家安泰、皇室弥栄、世界平和、家内安全、縁結び、厄除け、交通安全
開門時間  6:40~12:00(毎月変動する為HP参照)
御祈祷受付時間  9:00~16:00
URL http://www.meijijingu.or.jp/
住所 〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
駐車場 有り。無料
アクセス JR 山手線 原宿駅下車、表参道口
JR 中央・総武線 代々木駅下車、西口
小田急線参宮橋駅
東京メトロ 千代田線・副都心線 明治神宮前駅下車、2番出口
都営地下鉄 大江戸線 代々木駅下車、A1出口
東京メトロ副都心線 北参道駅下車、1番出口【車】首都高速4号新宿線代々木ICより約5分
地図

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る